鬼畜ブラウザゲー「人生オワタの大冒険」

ブラウザゲーム「人生オワタの大冒険」

鬼畜ゲーム四天王をあげろと言われると…

 

●魔界村(2周目クリアまでなると厳しい)
 (アクションゲーム)

 

●怒首領蜂 大往生(発売後数年間誰もクリアできず)
 (シューティングゲーム)

 

●Bonanza(何度やっても勝てない)
 (将棋ソフト)

 

そして、
●「人生オワタの大冒険」 (鬼畜ゲーム代名詞)
 (アクションゲーム)

 

となります。鬼畜ゲーム好きの方は、一度プレイをお薦めします。そして「死ぬがよい!」(怒首領蜂 大往生のキャッチコピー)

 

さて、「人生オワタの大冒険」 の紹介ですが、絵は全てアスキーアートです。\(^O^)/←こんなのが主人公です。ゲームはロックマン風ですが、主人公は非常に貧弱なので、被弾即死亡です。(オワタ式と呼ばれる。)ちなみに、自分の撃った弾がはね返ってきたら、それに被弾しても死亡です。

 

難易度はかなり理不尽なトラップや、主人公の貧弱さに比べて普通に強いボスが現れるので、数百回は楽に死ねます。そんなに長くはないですが、1画面進めるのに、かなり苦戦し、やりごたえ十分なので、鬼畜ゲーム好きにはたまらない作品となります。(ちなみに自分はラスボスの第2形態で心折れました。)

 

なお、「人生オワタの大冒険」 に影響されて、海外で鬼畜ゲーム「I Wanna Be the Guy」が製作されています。「人生オワタの大冒険」 は、他の作品とは違い、かなりグローバルな作品とも言えます。さらに、「I Wanna Be the Guy」のステージが、「人生オワタの大冒険」 に逆輸入で追加されてもいます。このようにリリース後も追加変更できる所が、ブラウザゲームの良さなんだとも思います。